2022.06.27 沖縄【アウェイ古宇利島・ハレクラニ・百名伽藍】2日目

『REST LE SACRO』朝食

『REST LE SACRO』朝食

おはようございます。
昨晩あれだけおなか一杯になったのに
朝起きたらもうお腹が空いているという
なんという健康的な体でしょう(笑)。

昨夜は主人がデイベッドで寝てくれたおかげで
私は寝室のツインベッドルームで一人静かに眠ることができました。

9:00
朝は起きてぱっと着られるワンピースで。
前と後ろがないお気に入りのマダムKAYOKO作♡
昨日の夕食と同じレストランへ向かいます。

「回復」という意味があるレストラン名「REST LE 」に合わせて
一日の始まりを栄養価の高いブイヨンスープで。
ジュースはグァバジュースをチョイスしました。
 

〈朝食八寸〉

鶏ご飯
 
朝から味の濃いご飯を食べるとは思わなかったので
これはちょっと。。。。

あと食後に果物やコーヒー・お茶が出ることはありませんでした。
私たちは朝食付きのプランにしたのでこれでおいくらかわかりませんでしたが
ホームページによると3000円ですね。
レストランが一つしかないホテルでの連泊した場合の朝食が心配ですが
八寸はそのままで
この鶏ご飯のメインがカレー(カレー!?)やサンドイッチに代わるみたいですね。





ホテル周りを散策

朝食後レストランを出てそのままに下に降り、
ホテルの下方に何があるのか見てみました。

そうそう、昨日(ホテルに向かう時)ここを左に行ったのです。
今右のレストランへ行く道から降りてきたところです。

↑ の写真の手前の道を右に少し行くと
かわいらしいカフェがいくつかありました。
こういうところで食事をしても十分かもしれませんね。
但し、夜は辺り真っ暗かも。。。

こちらはどなたかのお宅かと思いきや、
後で調べたのですが貸別荘のような一棟貸しの
「VIAUL Ocean Resort KOURI」という建物でした。

新しくてお値段も手ごろですし、小さな子がいるご家族は楽しめるのではないかしら。
プールもついていますよ♪






ハナサキマルシェ

11時にチェックアウト後、
古宇利島を出て本島に渡り初めて本部半島を北回りドライブしてみました。

11:31
[https://www.okinawastory.jp/gourmet/600011355:title=「ハナサキマルシェ」というところに着きましたよ。

アラマハイナ コンドホテルというホテルを中心に楽しそうなお店がたくさんあるみたいです。

一番の目的はこちらの「やんばるジェラート

私はスイカ
 

手造り工房のようなお店もあり、可愛い雑貨なども販売されていたので
箸置きを買いました。

次に向かったのは瀬底島のヒルトンだったのですが

特に目的はなかった(どんな雰囲気か見たいだけ)のに
駐車料金が1,500円かかるとのことで回れ右しました(笑)。

さてお昼ご飯は渡久地近くにある
きしもと食堂本店」へ。
暑い中並ばなくてはいけません。
でもこちらのお店は沖縄そばのお店としては一番歴史があるお店らしいので人気なのです。

30分近く待ってやっとこちらの沖縄そばをいただけました。

カツオのお出汁がとてもおいしくてお肉も柔らかく味が染みていて、あぁこれは並んだ価値ありました。
ただ外は暑い。。。。^^;






ハレクラニ沖縄 エグゼクティブオーシャンスイート

14:47
久しぶりのハレクラニに到着です。

この水色のロゴを見るとやっぱりハワイの風景を思い出しますね~♪

いつもお世話になるKさんがすぐにエントランスで迎えてくださり、(道路からホテルに入ったすぐのところで名前を聞かれるのでそれですぐにフロントに伝わっていたのでしょう。)
久しぶりの再会を喜び合いましたが
今日はお忙しそうでこの時はあまりゆっくりお話ができませんでした。

ウェルカムドリンクはココナッツファイン。
消毒用のもいただけます。

お部屋への案内は若い女性スタッフさんがしてくれました。

私がKさんと親しく話をしていたので少し不思議がっておられましたが
今までいろいろお世話に経緯をお話しすると
優しいKさんのお人柄から納得されたようでした。
さて、部屋はビーチフロントウイング710号室の 
エグゼクティブオーシャンスイート キング です。

今回のハレクラニではサンセットウイングのクラブルームに泊まりたいと思っていました。
2月日程の時は取れていたのですが
それを一旦キャンセルして4月の半ばに予約した時には同じ部屋はもうなくて、
それならばスイートにしようと、
でもサンセットウィングの部屋は(空きが)なく、
ビーチフロントウイングの エグゼクティブオーシャンスイート キング(ダブル) しか選択できませんでした。
(スイートの中でも一番リーズナブルな76平米のお部屋に限った話です)

当初のお部屋代より7万円ほど高くなりましたが(3泊で)、
今回飛行機代がマイルで0円ですし、気が大きくなって
気が付いた時にはええい!とポチっていました(笑)。

バスルームとベッドルームは扉を開ければこのようにつながり、
オーシャンビューで浴槽につかれますよ。
私はしませんでしたが。

シャワー室とトイレは別室です。

でも入浴時にはシャワールームからバスタブまでタオルロードができました^^;

すっきり広いリビングです。

広いのは気持ちいいのですが
持ち物をあちこちに置いたりしていると
チェックアウト日に忘れ物がいないように探し回らないといけないのが
スイート慣れしていない私の現在の懸念です。

キングサイズなので広さは十分なのですが
どうしても同じマットレスだと寝難くありませんか?
でもツインベッドのお部屋に空きがなかったので仕方がありません。
せめて掛布団一枚を二人で使うことがないようにブランケットをもう一枚借りることにしました。

高層階なのでバルコニーからの眺めもこの通り爽快です。

前回来沖した時にヨガレッスンをうけた芝生の広場が見えます。
今回は受ける予定がなかったので調べなかったのですが
コロナ禍になってしまって今はやっているのかしら。
→2022年10月現在ホームページには有料のものから無料のものまで
いろいろアクティビティーやプログラムが紹介されています。

スイートルームでは冷蔵庫の中の飲み物はすべて無料です。

今回も何も言わなくてもここまで用意してくださるので有難いですね。






「かふう」

さて、夕食は念願の「かふう」へ。

念願、というのは初めてハレクラニに泊まった時に行きたかったのですが休店日で、
その後友人が訪れたのを聞いて評判が良かったので
ぜひとも行きたかったのです。

Kさんに相談すると、その「かふう」は予約満席だったのですが
同じお店が瀬良垣にオープンしたとのことでそちらならまだ予約が間に合うようだったので
早速そちらでお願いすることにしました。

場所は2019年に行ったハイアットリージェンシーのすぐ近くなので大体わかるのですが
ハレクラニを出る時に車のナビをきちんと「かふう」までセットしておいてくれたことに感激しました。
使い慣れないナビって本当に使いづらいのでこれはありがたいサービス、さすがハレクラニのホスピタリティです。
エントランスで優雅にキーを受け取って車に乗ってそのあとモタモタとナビ操作している老夫婦、、想像するだけでかっこ悪いですもんね^^;

鍋野菜によく使う白菜が無く、細切りのネギが山盛りにありました。これが薄切りの豚肉によく合いました。
あぐー豚は脂の部分も甘いんですよね。
なかなか食べられないものですし、とても美味しくいただけました。

美ら島あぐーしゃぶしゃぶ鍋 二人前
オリオンビール
ウーロン茶
お通し
7,020円でした。